2015年9月10日木曜日

Chromeからのブログ観覧されておられます方へ。



Chromeからこちらのブログを見られておられる方には、大変迷惑をおかけしております

Chrome以外からご覧いただく分には、問題なく観覧できます。

以下のセキュリティに問題が起きてるようです。
現在確認中です。





Google Chrome には、フィッシング、ソーシャル エンジニアリング、不正なソフトウェア、迷惑ソフトウェア、不適切なウェブサイトや拡張機能による攻撃からユーザーを保護する「セーフ ブラウジング」という追加機能があります。この保護機能は、悪意のあるユーザーが人間の心理的な隙や行動のミスにつけ込んで(ソーシャル エンジニアリング)個人情報を引き出そうとしたり(フィッシング)、不正なソフトウェア(マルウェア)をパソコンにインストールしたりするのを防ぐ働きをします。また、ブラウザの機能を悪用してユーザーのデータを不正に取得したり、ブラウザ環境を破壊したり、ユーザーが望まない対話操作を繰り返し行わせたりするようなウェブサイトや拡張機能からの攻撃に対しても、ユーザーを保護します。セーフ ブラウジングはプライバシーの保護を目的とした機能であり、他の一般的なブラウザでも使用されています。
セーフ ブラウジングに情報を送信したくない場合は、この機能をオフにすることもできます。ただしこの機能を無効にした場合、Chrome では、個人情報を不正に取得しようとしたり有害なソフトウェアをインストールしようとしたりするウェブサイトからユーザーを保護できなくなります。この機能は無効にしないことをおすすめします。
セーフ ブラウジングでは、ユーザー保護の目的を達成するために、匿名の指標データが収集されます。このデータを基に、ユーザーに害を及ぼす可能性のあるウェブサイトの挙動や権限の基準値が設定されます。収集されるデータの中にユーザーまたはユーザーがアクセスしたウェブサイトに固有のデータがある場合、そのデータはランダム化され、差分プライバシー(differential privacy)を確保する方法で組み立てられます。この場合、最低で千単位のユーザーが該当する集合的な統計情報のみが監視可能になります。このレポートは RAPPOR(Randomized Aggregatable Privacy-Preserving Ordinal Responses)の 1 インスタンスとなります。なお RAPPOR の技術に関する詳細は技術レポートとして発行されており、2014 年の「ACM Computer and Communications Security」学会で発表されています。つまりこの仕組みにより、Google ではユーザーがアクセスした可能性のあるウェブサイトをレポートから判別できないようになっています。このデータは、セーフ ブラウジングによる保護の向上を図る目的にのみ使用されます。
Chrome でセーフ ブラウジングが有効になっている場合、Chrome では Google のサーバーに定期的にアクセスが行われ、安全でないサイト(フィッシング、ソーシャル エンジニアリング、不正なサイト、迷惑ソフトウェアを配布するサイトなど)を含む最新のセーフ ブラウジング リストがダウンロードされます。セーフ ブラウジング リストの最新のコピーは、ご使用のシステムにローカルに保存されます。Chrome では、アクセスする各サイトの URL やダウンロードするファイルはこのローカルのリストと照合されます。アクセス先の URL がローカルの不正 URL リストと一致した場合は、本当に危険な URL かどうかを確認するために、部分的なフィンガープリント(URL の SHA-256 ハッシュの先頭 32 ビット)が Chrome から Google に送信されます。部分的な URL フィンガープリントは、危険を生む可能性がある権限がサイトからリクエストされたときにも送信されます。これにより Google では、サイトに悪意があった場合にユーザーを保護することができます。Google がこの情報から実際の URL を特定することはできません。
上記の URL の照合に加え、Chrome ではクライアントサイドの確認も行われます。疑わしいウェブサイトについては、そのページに表示されているフィッシングやソーシャル エンジニアリングの可能性のあるキーワードのサブセットを Google に送信し、ウェブサイトを不正であるとみなすべきかどうかに関する追加情報を Google のサーバーから取得します。
Chrome で使用統計データの送信も許可しており、有害な可能性があると Chrome が判断したサイトへのアクセスまたはそう判断されたファイルのダウンロードを行う場合、Chrome は特定の詳細データ(セーフ ブラウジング リストと一致した、またはフィッシング サイトや参照 URL として表示された完全な URL など)を Google に送信します。
Chrome のセーフ ブラウジング リストにあるウェブサイトにアクセスしようとすると、以下の画像のような警告が表示されます。この警告画面では、セキュリティに関する事象についての情報を送信するオプションを有効にして、セーフ ブラウジングの向上に協力することもできます。この場合、警告を受信するか疑わしいページにアクセスするたびに情報が送信されます。この情報は、セーフ ブラウジングを利用するすべてのユーザーを有害なサイトから保護できるよう、セーフ ブラウジングの向上を図る目的でのみ使用されます。SSL 経由で Google に送信されるこのデータには、最初に HTTPS 経由で送信されたデータは含まれません(ただしリクエストの URL と参照 URL は含まれます)。また、シークレット モードでアクセスしたサイトからのデータも含まれません。
この機能の動作は以下でご確認いただく(Mac の場合など)か、テスト ページをご覧ください。フィッシングに関する警告では表示が異なります
不正なソフトウェア
セーフ ブラウジング機能は不正なソフトウェアがダウンロードされるのも防ぎます。Chrome のセーフ ブラウジング リストにあるファイルをダウンロードしようとすると、以下の画像のような警告が表示されます。
不正なファイルです。Chrome はこのファイルをブロックしました。
不正なソフトウェアのダウンロードを防ぐため、Chrome ではユーザーがダウンロードした実行ファイルの URL を、既知の信頼できる URL のホワイトリストと照合します。このリストはユーザーのパソコン内にローカルに保存されており、定期的に更新されます。Chrome ではホワイトリストに登録済みの URL に一致した実行ファイル、ローカル ネットワークからダウンロードされた実行ファイル、信頼されている証明機関の署名がある実行ファイルを信頼します。その他の実行ファイルは安全でないとみなされ、Chrome はダウンロードが有害な可能性があるかどうかを判断するのに必要な情報を Google に送信します。この情報には、サイトの完全な URL またはダウンロードされたファイル、すべての関連するリファラーとリダイレクト、コード署名のある証明書、ファイルのハッシュ、ファイルのヘッダー情報の一部またはすべてが含まれます。Chrome ではその後、上の画像のような警告が表示されることがあります。
設定が改ざんされた疑いがある場合は、Chrome からセーフ ブラウジング サービスに、最後にダウンロードされた実行ファイルの URL と予期しない変更の性質についての情報が送信されます。
ユーザーの承認なく Chrome の設定を変更するソフトウェアについて、Chrome はその検出と削除を可能な範囲で補助します。そのために Chrome は、不正なソフトウェアと疑われるソフトウェアを検出することを唯一の目的として、ユーザーのパソコンを定期的にスキャンします。疑わしいソフトウェアが検出された場合、Chrome では、Chrome クリーンアップ ツールでそのソフトウェアを削除するかどうかが尋ねられることがあります。
ダウンロードに関する保護を強化するため、Chrome では、セキュリティに関する事象についての情報を Google セーフ ブラウジングに送信するオプションを有効にするよう求められることがあります。このオプションを有効にした場合は、疑わしいダウンロード ファイルが検出されるたびに、そのファイルが調査のために Google に送信されます。このオプションはいつでも Chrome 設定ページで無効にできます。
すべてのセーフ ブラウジング リクエストについて、Google では転送されたデータを未加工のまま最長 2 週間記録します。Google では、IP アドレスや Cookie など、セーフ ブラウジング リクエストに関連する一般的なログ情報を収集します。最長 2 週間が経過した後、セーフ ブラウジングの未加工のログは削除され、集計された形式の計算済みデータ(IP アドレスや Cookie を除く)のみが保存されます。また、セーフ ブラウジング リクエストは Google アカウントには関連付けられませんが、同じデバイスから行われる他のセーフ ブラウジング リクエストには関連付けられます。


最後まで読んでくれてありがと~~~♪

励みの1票をおねがいしま~すm(_ _)m

いつもブログに遊びに来てくれてありがとう★

ブログランキング↓↓↓


人気ブログランキングへ

ブログ村↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アフリカ人)へ



0 件のコメント: