2011年3月30日水曜日

ICOJより、被災者支援についてのご報告

アッサラームアライクム ワ ワラフマトゥッラーヒ ワ バラカートゥフ。

東北関東大震災における被災者の方々への義捐金、支援物資のご協力ありがとうございます。
ジャザークムッラーフハイラー(皆様にアッラーからの善き報奨がございますように)。

第1団についてサイトより抜粋と、第2団の写真をお送りいたします。







イスラミック・サークル・オブ・ジャパンとイギリスに本部がある慈善団体 アル・ハイル・ファウンデーションの共同の東北被災地への食料や生活必需品の配布、炊き出しの支援が東北各地の避難所で行われています。
第1団として3月19日深夜に出発したICOJボランティア有志のグループは4トントラック1台とハイエース1台で石巻市の2箇所の避難所とされている学校で約1000名の方々への朝食の炊き出しを行いました。避難所に2日間滞在し、メンバーは昼食と夕食の炊き出しも行いました。
両日とも、暖かい食事を、朝食は約1000名の方々へ、昼食と夕食は約600名の方々へ配る事ができました。
支援物資としてはお米、麺類、ミネラルウォーター、コーヒー、ストーブ、ろうそく、カイロ、肌着類、紙おむつ、お子さんのためのおもちゃなど、いろいろな物も配布しました。今日までにすでに3回、物資支援、炊き出しにボランティアが東北各地の被災地を訪れております。第4便も数日中の出発に向け、準備中です。
現地を実際に訪れたメンバーによると、政府の支援もまだまだ行き届いていないのが現状だそうです。
ICOJとしても支援を継続していきたいと考えております。引き続き、みなさまからも支援物資、義援金も募集しております。


Saturday, 26 March 2011
Islamic Circle of Japan is actively engaged in relief work distributing food and other essential goods to evacuees in various evacuation centers. In combined effort with Al-Khair Foundation UK,first Relief team headed by Ameer e Circle, Br.Amanat Ali stayed in the evacuation center in Ishinomaki city & distributed breakfast to around 1000 evacuees camping in two local schools. The relief team stayed in the camp itself and served lunch & dinner which was prepared by volunteers of ICOJ in the evacuation centre itself in order to serve hot meal to the evacuees. Lunch & dinner was served in the camp to around 600 people for 2 days while as breakfast was served among 1000 persons.In addition essential items including rice, noodles,mineral water,coffee,stoves,candles,disposable crockery,toys,undergarment etc were distributed among needy in the camps. The relief work is going on & teams are visiting various camps in different evacuation centers .




ICOJイスラミック・サークル・オブ・ジャパン

本部事務局
Tel:03-3871-6061Fax:03-3871-6062

ジャミール アハマド
TEL:090-3574-9812

2 件のコメント:

Africious さんのコメント...

報告

アッサラームアライクム ワ ワラフマトゥッラーヒ ワ バラカートゥフ。

東北関東大震災における被災者の方々への義捐金、支援物資のご協力ありがとうございます。
ジャザークムッラーフハイラー(皆様にアッラーからの善き報奨がございますように)。

被災者支援についての、第3団のご報告です。


3月26日(土)に行徳ヒラーマスジドをICOJメンバー17名で出発、まず初めは福島県相馬市、市総合福祉センター(はまなす館)へ食事と物資の輸送を行いました。
こちらは、福島原発から45キロ地点、約800名の方が避難されていました。
食事は昼食と夕食を、物資は食品や衛生用品をお渡ししました。
この日は、ちょうど福島県をまわっておられた安倍晋三衆議院議員もこの避難所を訪れており、支援物資のうちの子供たちへのおもちゃを一人一人手渡して頂きました。

翌日は宮城県石巻市の避難所(名称不明)に向かい、600名分の食事と物資をお渡ししました。

こちらからも、他の写真をご覧いただけます。
http://www.youtube.com/islamforjapan#p/u/0/8ds9bWpzw8M


今後も引き続き物資輸送と食事作りを行う予定です。インシャーアッラー。引き続き、皆さまのご協力をお願いいたします。

被災した方々に、アッラーのご援助がありますように。


ICOJイスラミック・サークル・オブ・ジャパン

http://www.icoj.org/jp/
mail@icoj.org

本部事務局
Tel:03-3871-6061
Fax:03-3871-6062
darlalqam@yahoo.co.jp

ジャミール アハマド
TEL:090-3574-9812

Africious さんのコメント...

アッサラームアライクム ワ ワラフマトゥッラーヒ ワ バラカートゥフ。

東北関東大震災における被災者の方々への義捐金、支援物資のご協力ありがとうございます。ジャザークムッラーフハイラー(皆様にアッラーからの善き報奨がございますように)。

被災者支援の第4団のご報告です

3/27 (日)、山形県山形市総合スポーツセンターへ、小山バーブル・イスラーム・マスジドからICOJメンバー30名で向かい、約1200名分の食事、物資輸送を行いました。
食事は、夕食用にカレーなどをお渡ししました。アルハムドゥリッラー、「避難所で本場のカレーが食べられるとは思わなかった」と皆さんに喜んでいただくことができました(お忙しい避難所のスタッフの方々の手間とならないよう、食事は極力作ったものを配膳するのみの形で持参しています)。

物資につきましては、
食品)
*お米 600キロ
*カップラーメン 4000個
*お菓子 4000個
*インスタント味噌汁 1000個
*ふりかけ 1000個
*ミネラルウォーター 1000本
*お茶 1000個
衣類)
*下着(大人用、子供用) 500枚
*靴下(大人用、子供用) 500枚
*タオル 1000本
その他)
*紙おむつ(大人用・子供用)1000個
*ウェットティッシュ 1000個
など。

それから、子供のおもちゃ、20家族へガスボンベ・ガスコンロ・ポット・鍋を、避難所用に大型ポット4個をお渡ししました。

避難所の様子はこちらからご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=z9TiGWEA7Io&feature=channel_video_title
http://www.youtube.com/watch?v=8ds9bWpzw8M&feature=channel_video_title

こちらの避難所(5歳以下:70名、65歳以上:120名、その他約1010名)では不足だと要望のあったものは、下着、靴下、歯ブラシ、歯磨き粉、ハンガー(洗濯物を干すため)、カイロ、でした。ただ要望のある物については各避難所ごとに異なり、また日にちが経つにつれ変化していっているようですので、これらの物がどの避難所でも不足しているとは限りませんので、あくまでご参考程度になさって下さい。

それから、引き続きのお願いですが、今後衣類やタオルなど直接肌に触れるものを支援物資としてお送りいただく場合は、新品の物のみをお願いいたします。古着を連絡なしにマスジドへ置いていかれるのはご遠慮いただきますようお願いいたします。

今後も引き続き物資輸送と食事作りを行う予定です。インシャーアッラー。引き続き、皆さまのご協力をお願いいたします。

被災した方々に、アッラーのご援助がありますように。


ICOJイスラミック・サークル・オブ・ジャパン
http://www.icoj.org/jp/
mail@icoj.org

本部事務局
Tel:03-3871-6061
Fax:03-3871-6062
darlalqam@yahoo.co.jp

ジャミール アハマド
TEL:090-3574-9812