2015年7月20日月曜日

ヒジャーブの意識





Salama Alykum.
サラマアレイクム。

少し、後半、話が長いですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


ムスリマは、女性としての身体の美しさを隠します。
肌を露出せず、髪を覆います。

髪を覆うスカーフ、それをヒジャーブ投稿呼びます。

一般的には、髪を隠すのが目的ですから、前髪を出すスタイルで巻くわけではないです。

あと、首の露出も避けます。

しかし、自分の判断で適当になんちゃってスタイルになってる場合もあります。
それに関しては、個人に委ねられていることになります。

それらは、本来のムスリマとしてのスタイルではないです。

と、いうのが、私個人がもつ知識と目線です。


もっとわかりやすく説明してみましょう。
例として、日本の着物を使います。

スタンダードは、下の写真のような感じでしょうか。


このスタンダードをムスリマファッションと置き換えると。
こんな感じ。
モスク行くとき。

比較的、カジュアル、現代版でしょうか。






上に反して、
ちょっとヤンチャな感じの着物の着方がこれ。


ヤンチャなムスリマファッションとするのが、こんな感じ。

タイトな服装。

前髪出てる。

髪を隠す、という概念がない。



と、写真と一緒に説明するとわかりやすく理解してもらえるのでは?と。


これは、有名なマララさん。
周りのムスリマさん達と比較してみてください。
わかりやすくないですか?
といっても、これは、国の文化、サリーのファションからでしょうけれど。



ムスリマとして、ルールにそったオシャレ。
そして、一個人のルールにそって着崩したオシャレ。

ここで、私が言いたいのは、後者を否定、文句を言う、というのとは違います。

後者の方は、本来のルールを分かった上で、着崩してる方と、
本来のルールに沿うのが嫌、抵抗があるから着崩してる方、に分かれると思います。
あっ、勿論、
動いてたら、ズレてきて、気づかないうちに髪が出ちゃう、
住んでいる、生活を送る国によっての見栄え、
など、言い訳はあると思いますけどね。それも、理解できます。

私は、個人的に、ムスリマになって間も無い頃は、ヒジャーブもつけていませんでした。
しかし、徐々にイスラームを知ること、理解が深まるとともに、ヒジャーブを受け入れること後出来るようになりました。
初めは、巻き方もぎこちなくて、すぐ崩れたり。
でも、色々と試していくうちに、手早く、崩れることなく巻けるようになってきました。
これも、慣れです。

靴紐を結ぶ感じでしょうか。
きっちり結べてなかったら、ほずれます。
でも、結び方のコツを覚えたら、きっちり結べて、ほずれません。
たまに、友人から言われます。
真面目なムスリムなんだねぇー。って。笑

幾らでも、偽ムスリムいてるのに。
見た目はムスリムしてても、行動が伴って無い人、いっぱいいてるよー。って。
隠れてお酒飲んでるし、
ラマダンもして無いし。
って。笑
ヒジャーブして無い人だっている。

それを聞くたびに、一生懸命、ムスリムしてる自分には、アホくさく感じることがあります。
同じように思われているのかな?と。


貴方も、ルール守る必要ないんじゃない?と言われてるみたいに。


ムスリムって、形だけでしょ?って。
他の人と同じように思われる。


それが、一般的、社会的な意見。

イメージだけで受け入れられてしまうから。
この世の中、イメージって大切なのかもしれ無い。
第一印象で、判断されるもんね。

でも、見た目よりも、
ムスリムとしての心、気持ちをが大事でしょっ。
とシナリオ的に言うムスリムも沢山いてる。
それはそうでしょう。

しかし、心があるなら、自然に行動が伴う、と私は思います。
きっと、そういう心がある人には、自分自身にも罪悪感があるでしょう。

あと、最終的には
アッラーと本人の間の問題、となります。
それもそうです。

便利な言葉、インシャアッラー、と同様です。

これを全部含めて、イスラーム。
そうなのかもしれ無いけど、本来の求めるイスラームってそうじゃないように感じる。

そう思ってるのって、私だけ?

この、トピックって、ムスリムの中では、きっとタブーでしょう。笑

でも、だから気になるし、
ムスリム側の意見も、ノンムスリム側の意見も、両方聞けたらありがたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。








最後まで読んでくれてありがと~~~♪

励みの1票をおねがいしま~すm(_ _)m

いつもブログに遊びに来てくれてありがとう★

ブログランキング↓↓↓


人気ブログランキングへ

ブログ村↓↓↓


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アフリカ人)へ



2 件のコメント:

Tomoka さんのコメント...

Assalam alaykum! はじめまして、日本人ムスリマです。実はアメブロ時代からずっとブログ読んでいます!
私もよく、「ヒジャーブしていないイスラムの人もいるのに、なんで(私は)ちゃんとしてるの?」と聞かれます。でも私は、ただ自国文化でイスラームを理解せずにヒジャーブを適当にしている人たちと同じように見られているというより、「真面目=悪い意味で厳格=怖い」と思われてるのかな〜と思っていました。一見「真面目」でも変な方向へ向かっちゃってる人たちもたくさんいるし・・・第一印象で判断されても、そこは小さな行動の積み重ねで、私たちは彼女たちとは違うっていうことを示さなくちゃいけないのかなと思っています。ヒジャーブはスカーフを巻けば誰でもできるけど、イマーンはもっと他のささやかな言動や性格に現れるのかなと。イスラームの5つの柱とイマーンの6つの信じる事が生活・心の中にしっかりあるからこそ、服装の面でも"ihsan"ができるんだと私は思ってます。この3つ(islam & iman & ihsan)ってやっぱり基本で、どれか1つないと、他の2つも意味がなくなっちゃう気がします。

長々失礼しました!でもMiyabiさんの投稿のおかげで色々私も考えることができたので良かったです♪ 

Miyabi Haduki さんのコメント...

tomokaさん

サラマアレコム。

コメント残して下さってありがとうございます。
非常に嬉しいです。

しかも、アメブロの頃から読んでくださっていたとは!

辞めないで良かった、
ブログ。

私もtomokaさんが思うように、ムスリマとして、
もっと、一般的に、印象をよくしたいし、そのためにも、
イスラームをたしなむものとしては、なるべく正しい姿を行動で示すしかないなーっておもってます。

大抵の人は、臭いものには蓋をする、的な感覚で、関与してこないですけどね。
口論を避けるために。
でも、それって、どうなの?
ともおもいます。
それで、良いのか?と。笑