2011年6月1日水曜日

昨日、考えなおす時間をもちました

以前から、とあるケニアにかかわる日本人女性から
その方の友人の日本人女性Yさんが、先週一人でケニアにお嫁に嫁ぐため日本を経ったので、時間があれば、相談相手になってあげて欲しい、とメールを頂きまして。

そのYさんに、ナイロビに到着されたら、私でよければ、いつでも、連絡いただければ、お話をしますよ~と。返事していました。

そして、昨日、実際にお会いする機会を設けました。

Yさんは、カヨレというエリアに住んでいるそうです。
私は、聞いたこともない地区だったので、ケニア人に聞いてみました。
そうしたら、ほとんどが、”え~~~~~、住むには、結構危険なエリアで、ムンギギとかいる”との事。
私は、てっきり、も~~~とナイロビから離れた町かと想像しておりました。


ちょっと、その話を聞いてから、心配に。

Yさんとの待ち合わせですが、予定通り時間にならず。
Yさん、なんと、マタツを2回乗りついでこられました。
そのこと自体ちょっとびっくりしました。

待ち合わせ14時ごろだったのですが、結局、会えたのは15時過ぎてました。
マタツがなかなか出発しなくて、乗り継ぎもうまくいかなくて、遅れたようです。
そりゃ、遅れますよ。
ただ、マタツで、なにか事故にあって遅れてたら、ど~~~しよう?など、私は心配で、何度も電話で確認しましたけどね。
私が、ここまで読んだわけなので、責任を感じますから。

実際、Yさんとお会いして、お話をしているうちに、いろいろ考えることができました。

かの小は、3年前に3ヶ月間、ボランティアで子供を世話をブルブル地区で活動したことがあり、その時に出会った今の旦那さんとこのたび、結婚を決め、一人で、ナイロビにやってきたそうです。
3年間の遠距離を経て。
その間、手紙、メール、電話でのやり取り。
すごい!!!!

結婚を決める前に、旦那さんに、日本に来てもらい、両親にもあってもらって、心を決め、お嫁に来た、ということでした。

前回、ナイロビに3ヶ月居た時から、かなり質素な生活をしており、YAYAセンターやウエストランドにも行ったこともない、との事で、ナイロビの土地勘もない、とのこと。

Yさんは、大らかの中にも、マザーテレサのような、なんていうんでしょう、何も贅沢を求めない、シンプルな生活を受け入れ、とっても前向きなエネルギーを感じました。

ここでは詳しく書きませんが、Yさんの生活の話もうかがったのですが、本当に質素で。


そう、
今回、私が抱えた問題を考えた上、Yさんの話を聞くと、自分が恥ずかしくなるくらい、違いを感じました。
とうてい、私はそれは、できません、ということを、彼女は受け入れて嫁に来ていることが、もう脱帽でした。

自分は普通の生活を求めてしているつもりでしたが、Yさんの話を聞くと、私は、わがまま?と思えてしまうほどです。
いや、本当にびっくりしました。

でも、何回も書きますが、私には、同じ生活はできないです。




今回、私が、感じた、考えさせられたのは、
自分はもっと恵まれている、ということを考える、と同時に、感謝すべきなんだな~。と。
今回、本当にこのタイミングで、Yさんと会うことになって、話をしてみて、考えさせられたことがありました。

この機会をもてたことに感謝。

反省しました。


その反面、Yさんの子とがちょっと心配でもあります。
次回、機会があれば、Yさんのお宅に行こうと思います。
Yさんも、いろいろ、ナイロビを案内して欲しい、とのことでしたので、
ナイロビ生活で知っておくべき場所などを案内してあげよう、と思います。


ストレスを自分の中にためないように、気分転換することをさgすようにして、グチるの避けます。
私自身にとっても、よくない事だし。


Yさん、ありがと。
昨日は、無事に家に帰れたことを聞いて、安心しました。
でも、マタツには、気をつけてもらいたい。








最後まで読んでくれてありがと~~~♪
励みの1票(ネコ)をおねがいしま~すm(_ _)m


ブログランキング↓↓↓
人気ブログランキングへ
ブログ村↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アフリカ人)へ


2 件のコメント:

monchack さんのコメント...

いいんですよ。YさんとFablousさんは違う。そして、愛情と同情は違う。自分が育ってきた環境以下の場所に身をおけますか?
愛だ恋だの言っているうちは出来ますよ。
だけど、子供が出来たときに、その子供が自分が幼少期に育ってきた環境以下に置かれたときに、現実を見るものです。教育が受けられない、医療が受けられない、両親に孫の顔を見せることが出来ない。そういときに、その決断が正しかったのかどうだったのかわかると思います。
ある年配のここに嫁がれた女性が、日本人女性は同情と愛情を勘違いしやすいからといっていました。いろんな方を見てきたのでしょうね?質素な生活に合わせられるのが、正しいとは思いませんよー。アパートのことで、怒り狂ってるFabulousさんが普通だと思います。日本の物だって食べたくなるし、車だって必要ですよねー。私たちはそういうのが当たり前のこういう場所で育ったんじゃないんだもん。Fabulousさんがわがままなわけじゃないですからねー。

Africious さんのコメント...

monchackさん

貴重な意見ありがとうございまーす。
確かに、そうだとも思います。
私は、Yさんのような生活はたぶんできないというか、受け入れられない。。。。
でも、Yさんと話をしたことで、自分が置かれている状況と比較してしまって、私はわがまmなことを言っているのかも?と思い始めて。。。。。でも、それまでは、正論を言っているだけだと思っていたもので。

ここ、ケニアで、日本と同じような生活、を求めているわけではないですが、最低限のことは、やっぱり守られたいので。

いや~、たくさんの方の意見を聞けて良い経験させてもらってます。

しかし、たまに、こちらの方と、私との考え価値観の差が大きすぎて、ちょっと混乱します。その時に、もしかして、私が間違ってる???と考えずに居られなくなって。。。

考えることを止めれなくなって。
いや~~~、本当に、簡単なことではないですが、生活環境を守ることは必要ですよね。

自分の価値観にあわせます。


これからも、いろいろご指導ください。
ありがとうございます!!!!