2011年6月29日水曜日

ストリートチルドレン

毎日の生活を送るにあたり、目にする光景の1つが、
ストリートチルドレン、でもあるかな。


ストリートチルドレンや物乞いに関して、様々な考え方があると思うが。

私は、一切、お金は渡さない派、です。
(*例外はありますが。)


以前、ピースボート関係で働く友人Hがナイロビに来た時にも、
”絶対に、お金渡したらあかんよ!この子達のためにならないから。”
と言われたことがある。


このストリートチルドレンは、外国人はお金くれる、とインプットされているから、
平気で、物乞いをしてくる。
本当の意味で必要なくても。
仲には、大人が、子供に”物乞いをさせている”ケースもある。

(*ネパールに行った時に、その子供たちが集めたお金を、”大人”に渡している光景を実際見たことがある。)

子供を使ったビジネスでもあるわけで。


なので、非常に見極めが難しい。


私が、子供にお金を渡すことがあるのは、
1.”子供が、道端で、ピーナッツを販売”
  学校に行くことができないので、家計を助けるために、ピーナッツを売っているので、それはたまに、ピーナッツを食べたくなくても、買ってあげることあります。ナイロビにて。


2.”道端で、倒れているように寝ている、1-2歳くらいの子”
  彫っておいたら、このまま、死んでしまうのではないか?という不安から、寝ている子供の懐付近に小銭を置いてきた。モンバサにて。
  

かわいそう、という感情はもちろんあります。
でも、その場で簡単にもらえるお金、に味を知った子供たちは努力をしなくなる大人になってしまいます。完全に人に依存した生き方になったり、犯罪につながるような気が。


反対の意見を持っている人たちもたぶんいるとは思うのですが。


相方ちゃんは、もう、それは簡単に、物乞いにお金を渡します。
自分に充分なお金を持ち合わしていなくとも、ポケットにお金があれば、そのお金を渡します。
物乞いたちの、嘘八百にもかかわらず。
モスクの外には、多くの物乞いが待機してます。
しかも、イスラムでもないのに、ムスリムである格好をして。
(だって、お祈りの時間になっても、お祈りしないで、モスクの外で、お祈りから出てくるもスリムに、物乞いしている。)
イスラームでは、貧しいものを助ける、または、ザガード(寄付、援助)を義務としているので、その部分を利用しているだけなのです。

そんな、詐欺まがいの光景が、ここにはあります。日常に。


買い物1つするにしても、上に書いた延長線上のような、ボッタクリ値段交渉がありので。
本当に、人間としてのお金に対する価値観のあまりの違い違いに、悩むこともあります。


日本人って豊か、またはプライド、仕事に対する責任感が、社会の中にしっかりあるので、嫌な気分になることは少ないのですね。

うまく、内容をまとめられてないですが、
発展途上国が発展しない理由が、こうゆう奥深い部分のいあるのだな~と思います。

教育の価値って、大事ですね。
ケニア政府には、教育の部分にもっと予算を使って、そして、国、国民の向上を図ってもらいたいな~。










最後まで読んでくれてありがと~~~♪
励みの1票(ネコ)をおねがいしま~すm(_ _)m


ブログランキング↓↓↓
人気ブログランキングへ
ブログ村↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アフリカ人)へ


4 件のコメント:

Yooda さんのコメント...

育つ環境が子供には大きく左右しますね
お金が全てでは無いけれど…
生きて行くには
とても必要な物ですよね

ストリートチルドレン…
私だったらどうするかなぁ~

Africious さんのコメント...

Yoodaさん

難しいんですよね。
確かに、生きていくためにはお金は必要になってきます。

でも、そのお金に対する考え方なんですよね、要は。

でも、簡単にお金を与えると、もう、物乞いで楽して生きていってしまう可能性も高いわけで。外国人をみたら、=お金、という方程式を作ってしまう。

悲しいけど、現実。

私は、もし、外食して食べ切れなかった食べ物は全てお持ち帰り用にしてもらい、道に、そうゆう物乞いがいたら、あげてます。
そうゆう形でしか、できない。
それでも、奪うようにもって良かれ、ありがとうなど、何も言わない。感謝の気持ちすらない。
誰も教えないから。
それすらも、教育。

食べ物をもらえるまでは、ひつ国、おなかすいたから、恵んで~って声をかけてくるけど、もらえるうって分かった時点から、食べ物を引きちぎるように奪って、その場をすぐ立ち去る。。。。

その繰り返し。

りすこ さんのコメント...

難しいね 本当に
そのサムマネーが今日生きるか死ぬかってギリギリのところで生活している人のことを助けるかもしれないってのも事実だと思うんだよね だから物乞いにお金を渡してしまう人の気持ちもわからないでもない。
だけど確かに自立するチャンスを奪っているとも言えると思う
例えば 買い物依存症の人におこずかいを渡して その依存症という病気をどんどんエスカレートさせていくみたいに
長期的に見たら 絶対よくないことだよね

与えることは奪うこと
なんだよね

うーん
難しい 

発展途上国が発展しない理由はここにありか
深いな・・

Africious さんのコメント...

りすこさん

そうやねん!!!

いっつも、車の渋滞を使って、物乞いが窓の外から、話しかけてくるんだわ。。。。子供が。
私は、胸は痛むんだけど、我慢してお金は与えてません。(時にはあげてしまうこともあったけど)

これは、この国の国民への対応や設備があまりにも整ってないから、だと感じる。
健康保険もないし、妊娠してもおろせない法律。それがシングルマザーとなり、お金ないのに、子供。それが、孤児を産む。ストリートチルドレンへもつながっている気がします。
もしろん、国はシングルマザーに何も支援してないし、援助金などもないですから。

このサイクルって、厳しいよね?
どこを、どのように変化させれば、いいのか?
と、考える時があるのだわ。。。。